HOME > 企業 > サービス業 > 竹鶴酒造

企業

2017.01.11

竹鶴酒造

概要

竹鶴酒造は江戸時代の屋号は「小笹屋(おざさや)」といい、ルーツは製塩業を営む商家でした。江戸時代この地を治めていた大名、広島藩の浅野家はその分家に浅野内匠頭で有名な赤穂藩がありました。 赤穂藩は塩田で潤っていたことから、本家という間柄ということもあり赤穂から製塩の技術を教わり製塩業に力を入れます。 その際に雨が少ないという理由で竹原が選ばれたそうです。竹原には北前船が寄港する港があり、竹原で造られる塩は北前船に乗って遠方に運ばれます。当時、塩は高級品であり北前船によって遠方に運ばれ街は発展します。 蔵元が語るには当時の竹原は「シンガポール」のような街で、人口や面積はすくないものの、物流と製塩が栄えたことから密度が濃く豊な街だったそうです。竹原は製塩と同時に酒造業が盛んな街で、大正時代には竹原には50件の酒蔵が存在し西条を凌ぐ酒の産地でした。 小笹屋は1733年に酒造株を手に入れ、酒造業へ参入。江戸後期に現在の酒名となる「竹鶴(たけつる)」の酒名が誕生します。 酒名の由来は、蔵の裏にある竹やぶに鶴が飛来し巣を作った事を喜び「竹鶴」と命名されたそうです。                        またニッカウヰスキーの創業者である「竹鶴 政孝氏」は竹鶴家の出身の方です。

INFORMATION

企業・団体・個人名 竹鶴酒造
住所 広島県竹原市本町3-10-29
電話番号 0846-22-2021
ホームページ http://www.e-sakaya.com/taketuru/taketuru.htm

その他情報

IEP倶楽部会員募集

IEPの活動を応援していただける方は
メール登録だけで情報がGETできます
IEP倶楽部への登録は無料です!

都道府県
※SSL暗号化通信で安全に通信します。
※メールはいつでも削除できます。
IEP CLUB CARD

登録後、上記カード画像を
メールアドレス宛に送りますので大切に保存してください。