HOME > アーティスト > 芸術・パフォ-マンス > 烏丸由美作品展 「フェーシング・ヒストリーズ・イン・ヒロシマ」

アーティスト

2015.04.05

烏丸由美作品展 「フェーシング・ヒストリーズ・イン・ヒロシマ」

美術家、パフォーマーとして活動する烏丸由美(からすまる ゆみ)は、長年イタリアをベースに日本を題材とする作品やパフォーマンスをヨーロッパやアメリカ、そしてアジアでも発表してきました。今回は、広島、長崎への原爆投下、そして敗戦から70周年を向かえる2015年に、戦後生まれの作家自身が、祖国の歴史や時をふり返り、広島や長崎のさしずめ地獄絵のごとくであったであろう、カタストロフィとしての忘れがたい、そして決して忘れてはならないヒストリー。それと同時に、それらを取り巻くさまざまな家族のヒストリーや個人のヒストリーに「向き合い(フェーシング)」ながら、作家の思いや祈りを、100枚以上に及ぶ小品のタブローやドローイングに託して、インスタレーションという形態で表現、構成してゆきます。

・広島県立美術館の県民ギャラリー  http://www.hpam.jp/gallery/

2015年7月21日(火)から26日(日)まで。

・京都市立芸術大学ギャラリーアクア http://gallery.kcua.ac.jp/#ja

2015年8月6日(木)から23日(日)まで。

IEP倶楽部会員募集

IEPの活動を応援していただける方は
メール登録だけで情報がGETできます
IEP倶楽部への登録は無料です!

都道府県
※SSL暗号化通信で安全に通信します。
※メールはいつでも削除できます。
IEP CLUB CARD

登録後、上記カード画像を
メールアドレス宛に送りますので大切に保存してください。