HOME > 活動内容 > 国 際 交 流 > 2017年8月6日 平和記念式典 広島市原爆死没者慰霊式

活動内容

2017.08.06

2017年8月6日 平和記念式典 広島市原爆死没者慰霊式

原爆投下から72年 広島市で犠牲者の追悼続く

 

人類史上初めて核兵器の惨禍を経験した広島は、6日原爆が投下されてから72年になりました。午後からは、時折雨が降りましたが、広島市の平和公園にある原爆慰霊碑の前は、鎮魂の祈りをささげる人の姿が途切れず、広島では犠牲者を追悼するとともに核兵器の無い世界の実現を改めて国内外に訴える一日が続いています。

広島市の平和公園で、午前8時から行われた式典には、80か国の代表を含むおよそ5万人が参列しました。式典では、この1年間に亡くなった人や新たに死亡が確認された人5530人の名前が書き加えられた、30万8725人の原爆死没者名簿が原爆慰霊碑に納められました。そして原爆が投下された午前8時15分に、参列者全員で黙とうをささげました。

ことしは、歴史上初めて核兵器を法的に禁止する条約が国連で非核保有国が中心となって採択されたことを受け、広島市の松井一実市長は、「平和宣言」の中で、「各国政府は、核兵器の無い世界に向けた取り組みを、さらに前進させなければならない」と訴えました。そのうえで核保有国や核の傘の下にある日本などが条約に反対の立場を示していることから、日本政府に対し、「核保有国と非保有国の橋渡しに、本気で取り組んでほしい」と要請しました。

また安倍総理大臣は、条約には言及せず、「核兵器国と非核兵器国、双方に働きかけを行うことを通じて国際社会を主導していく」と述べました。

6日の広島市は、日中の最高気温が、ことし最も高い37度まで上がり、72年前と同じように暑い一日となりました。午後からは時折雨が降りましたが、平和公園にある原爆慰霊碑の前には、被爆者や遺族、それに外国人などが長い列を作り、静かに手を合わせて祈りをささげています。

爆心地から2キロの場所で被爆し、母親の行方が今もわからないままだという広島市西区の81歳の女性は、「あの日は、いたるところに遺体が横たわっていて、言葉では言い表せないほどひどい状況でした。戦争の無意味さを多くの人に知ってもらい、これからは戦争が無くなって平和になってほしいと思います」と話していました。また原爆で家族を亡くした広島市西区の73歳の男性は、「亡くなった祖母や母のことを思い出して、非常につらい気持ちになります。それでも『広島原爆の日』には、毎年ここを訪れて安らかに眠ってほしいと祈っています。人の命を簡単に奪ってしまう原爆は、絶対に許せません」と話していました。

IEP倶楽部会員募集

IEPの活動を応援していただける方は
メール登録だけで情報がGETできます
IEP倶楽部への登録は無料です!

都道府県
※SSL暗号化通信で安全に通信します。
※メールはいつでも削除できます。
IEP CLUB CARD

登録後、上記カード画像を
メールアドレス宛に送りますので大切に保存してください。